とんでもない軽さでコスパ良好なバーサライトジャケットとパンツは、登山お守りに最適です

みなさんこんにちは、ゆずです。

モンベルの 2022年春夏モデルの新商品でバーサライトパンツが出ましたと、以前記事にしました。

関連記事

みなさんこんにちは、ゆずです。 先日モンベルの 2022年春夏モデルの新商品が発表されました。その中で特にゆずが注目したのは超軽量レインウェアの一角である『バーサライトパンツのリニューアル』です。 ちょうど購入を検討していた事もあり、今[…]

同時にジャケットの方も購入したのですが、用途としては降るか降らないか分からないときに持っている軽量なレインウェアとして選びました。今まで使用していたmont-bellのストームクルーザーとは別で、バーサライトシリーズを購入した理由を説明していきます。

結論としては、耐久性は低く、一部使い勝手が制限されますが、やっぱりコンパクトで軽いのって偉大だよね、ということです!!

  • 積極的な雨天時に使用するというよりも、万が一の雨の時に使う用途で軽量・コンパクトなモデルを探していて、白羽の矢をたてた
  • 実店舗で装着感や生地感を確かめられて、修理などのサポートも充実しているのも良い
  • ストームクルーザー上下で『約449g』にくらべて、バーサライトは公式平均重量『約217g』と半分以下の軽さ(実測207g)。
  • レインウェアの装着感を調整するのみの最低限の機能で、ポケットやボトムジッパーは無い。生地も10デニールと極薄で耐久性は考慮必要。
  • 上下で27500円だが、フレンドフェア・アウトレット商品を上手く活用すれば、8000円近く割引可能
  • 2レイヤー。ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー® ファブリクスという非防水の生地を使用しているが、モンベルは表生地の撥水性やシームテープ処理で耐水性を上げてレインウェアとして販売している。現状弱い雨の3時間は行動済で浸水無し。

軽量なモデルを探していた

最近は雨が降っている時に山に登ることも少なくなり、宿泊するような長期縦走登山も以前に比べて行く機会が減ってきました。

普段愛用しているレインウェアはモンベルの『ストームクルーザー』。着心地も良く、汎用性も高く、使用して6年ぐらい経ちますがズボンに多少の穴あきがある程度で、使用用途に関しては大きな問題はありません。とはいえストームクルーザーしか所有していないので、雨が降っても晴れていても、ストームクルーザーしか持って行きませんが、ストームクルーザー上下で『約449g』と意外と重い

そこで万が一の雨のためや、少しでも荷物を少なくするために軽量・コンパクトなものを探すことにしました。ほかの軽量・コンパクトなレインウェアもあったのですが

  • メンテナンスのしやすさ
  • 試着などの実物を触って試せる安心感
  • もっと軽量のものは透けている感じがある

以上のことから、バーサライトシリーズを選びました。驚きの重さは何と上下『約217g』と半分以下!!

バーサライトシリーズの特徴

バーサライトシリーズはモンベルが販売するレインウェアの中で最も軽量なモデル。

簡単に言うと使っている生地も薄く、ポケットなどもない、フィッティング感を向上させるわずかな機能のみで構成されている極薄のレインウェアと思っていただけていいでしょう。

無駄を省いている分、圧倒的なコンパクトさと軽量さを誇る素晴らしい商品です。ただし生地が薄い分、耐久性に難があることは妥協しないといけない点です。そこの理解は必要かと思います。

汎用性の高いモデルではなく、とがっている商品であるため、1着目に購入するというよりも、軽量化思考な方や保険用途の強い行動に時に使うレインウェアを探している方には、オススメ出来るシリーズです。

モンベルウェブサイト

レインウエアの常識を覆す究極の軽量コンパクト性を実現したモデルです。極薄シェル素材を使用。高い透湿性を誇る「ゴアテックス…

モンベルウェブサイト

軽量コンパクト性と高い防水性を追求したレインウエアです。高い透湿性を誇るゴアテックス インフィニアム™ ウイ…

購入はアウトレット商品やフレンドフェアがオススメ

何だかんだで、上下で定価27500円するので出来るかぎりで安くしたい。今回は2月にあったフレンドフェア・オンラインで実施している訳アリのアウトレット商品を狙いました。

普通のアウトレット商品は日ごろから販売されていますが、5~10%前後の割引率で正直お得度は少なめ。今回はフレンドフェア時期に実施される訳あり商品は、商品の発送時などに擦れたり・汚れたりしたものを割引率高めで販売しています。この訳あり商品を購入したのは初めてでしたが、割り切れば十分に良い物だと思います。

定価 フレンドフェア商品
バーサライトジャケット 16060円(税込) 11220円(税込)
バーサライトパンツ 11440円((税込) 8360円(税込)
合計 27500円 19580円

何と!差額7920円と、8000円近く割引することが出来ます。

ジャケットは訳あり商品を購入、パンツは普通の型落ちのアウトレット商品です。購入した訳あり商品は穴が開いたりしたものではなく、擦れによる肩回りの汚れがあるぐらいのもので、よーく見れば擦れで黒くなっているのが分かる程度。すぐに汚れてしまうのでもあるので、擦れのみでジャケットが4840円割引されるのはお得ですね!!

バーサライトジャケット&パンツ

購入したバーサライトジャケットとパンツは、ジャケットがマスタード色、パンツが旧作のボトムジッパー無しのタイプです。ちなみに黄色は絶対に似合わないので買わないと思っていましたが、いざ試着してみるとカラシ色のようにちょっと暗めの黄色だったので思いのほか気に入りました。

シルエット、機能

身長166cm 痩せ型でジャケットが S サイズ、パンツがレディースの L サイズを購入しました。レディースを購入したのは単に旧作のメンズSサイズが品切れだったからです。

若干だぼっとしていますが、許容範囲ですね。結構着心地も柔らかく、いかにも防御性のある固い服では無いので着やすい点は良かったポイント。

まずはジャケットからで前面は止水ジッパー。フード周りを前から調整するゴム紐が付いています。

フードの密着度を上げるには、一般的な頭の後ろに付いているゴム紐で調整が可能です。

他にはゴム紐での調整は裾の部分にもあります。

残る調整部分は袖のマジックテープ部分ですね。

なので軽量化に振り切っているモデルとはいえ、調節部分はしっかりと装備されているので、その点は安心できると思います。ただしポケットは1つもありません。

表生地と裏生地の2レイヤーです。ストームクルーザーで使用していたGORE® C-ニット™バッカーテクノロジーの肌触り感よりも、ペタペタ感はありますね。とはいえ積極的に雨の中で使用する用途では無いので、良しとします。

洗濯表記はプリントで、個人的にはタグよりも好みです。かなり薄い生地なのに手洗いとかではなく、弱めの洗濯機でも洗えて乾燥まで行えるのは驚きました。それでもちょっと神経は使いますけどね。

さて今度はズボンです。

ウエストに関しては、ウエストゴムともう少し絞ることの出来る紐のみです。履きやすくするための、股下までのジッパーもありません。

あとは足首にあるゴム紐で靴に引っかけて、めくり上がらないようにするぐらいですかね。レインパンツによくあるボトムジッパーは改めてですが、ありません。

驚きの軽さ

このバーサライトシリーズを購入する大きな理由はやはり『軽量だから』だと思います。ストームクルーザーの上着よりも軽いのは驚きです。

ジャケットはスタッフバッグ7g。なのでジャケット本体は127gと衝撃的な軽さ

同じくスタッフバッグ7gを除いて、パンツ本体は80gとこれまた衝撃的な軽さ。

軽量化のゆず
合計の重量が『207g』!!!

撥水性・防水性

使用しているのはゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー® ファブリクス。

従来の GORE-TEX プロダクトシリーズが誇る防水プロテクション機能は、世界中の方から何十年にもわたって信頼されてきました。新しく登場した GORE-TEX INFINIUM™ プロダクトシリーズは、よりドライな気象条件で優れた快適性と防護性を提供します。

括りとしては、ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー® ファブリクスは非防水の生地。それでも撥水性を施されている生地を表面にウェアは使用しているので、多少の雨は防ぐことができます。

(JIS L-1099B-1法) 耐水圧 透湿性
バーサライト 耐水圧30,000mm以上 透湿性43,000g/m²・24hrs
ストームクルーザー 耐水圧50,000mm以上 透湿性35,000g/m²・24hrs

モンベルの公式ホームページで書いてある、それぞれの耐水性と透湿性を表にしました。数値だけでいえば、耐水性はGORE® C-ニット™バッカーテクノロジーを使用しているストームクルーザーの良いですが、その分透湿性の汗抜けはバーサライトの方が良い性能になっていますね。

京都で作業服やワークユニフォームのオーダーなら日本被服工業株式会社

オリジナルユニフォームやワークユニフォーム・作業服・事務制服のオーダーなら日本被服工業株式会社。多彩なラインアップ…

このサイトでは嵐でも耐水圧20,000mm以上あれば良いと書いてますので、数値だけをみるとバーサライトでも一応嵐でも耐えられるようになっている様ですね。

ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー® ファブリクスを使っている他のモンベルの商品は、基本はシームテープ処理がされていないので、縫い目からの浸水があるため非防水の様ですが、このバーサライトシリーズはシームテープ処理が施されており防水性が増しています。

2022年の2月ごろからほとんど持って行くレインウェアはバーサライトになっています。それでも途中で雨が降ってきたり、泊まりの一日目のみ少し雨が降ることが分かっている場合に使用するなど、ある程度の雨の行動中に着用しています。

やや弱めの雨が降ったりやんだりの3時間ぐらいの行程が最大ですが、浸水はありません。買ったばかりということもあって生地表面の撥水加工もしっかりと効いています。ただ長時間の強い雨にはうたれていませんので、その点は問題無いとは言い切れませんね。

とは言えモンベルほどの大手アウトドアメーカーがレインウェアとして商品化しているので、ある程度の信頼は寄せて良いと思います。それにゆずの使用用途である『万が一のお守りとして使う』用途としては、弱い雨で3時間濡れないことは十分に及第点であるといえます。

強い雨が降る可能性があるときは、素直に防水性に自信があるゴアテックス インフィニアムでは無い、今までのゴアテックスを使用していきます。

まとめ

  • 積極的な雨天時に使用するというよりも、万が一の雨の時に使う用途で軽量・コンパクトなモデルを探していて、白羽の矢をたてた
  • 実店舗で装着感や生地感を確かめられて、修理などのサポートも充実しているのも良い
  • ストームクルーザー上下で『約449g』にくらべて、バーサライトは公式平均重量『約217g』と半分以下の軽さ(実測207g)。
  • レインウェアの装着感を調整するのみの最低限の機能で、ポケットやボトムジッパーは無い。生地も10デニールと極薄で耐久性は考慮必要。
  • 上下で27500円だが、フレンドフェア・アウトレット商品を上手く活用すれば、8000円近く割引可能
  • 2レイヤー。ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー® ファブリクスという非防水の生地を使用しているが、モンベルは表生地の撥水性やシームテープ処理で耐水性を上げてレインウェアとして販売している。現状弱い雨の3時間は行動済で浸水無し。

さいごに

今回はモンベルのレインウェア、バーサライトシリーズを購入する人の参考になればと思い、使ってみた感想を書きました。

レインウェアとしての使用感はストームクルーザーとさほど変わりなく使用できるので、軽量する上で生地の薄さ、ポケットなど削っているものを理解して使用すれば非常に良い商品だと思います。

仮に使用する機会が少なくても、毎度持っていくレインウエアが常に半分の重さになっているとはやはり大きいですからね。ジャケットだけ、パンツだけというように片方を買い替えるという方法も非常にオススメです。

それでは皆さん、軽量で足取りの軽い良い山旅を!

関連記事

みなさん、こんにちはゆずです。 レインウェア選び、難しいですねよね。特に色々なところから販売されていて、どのような性能で、軽さ、頑丈さなど比較する対象が多くて困りもの。特にレインウェアは登山道具でも値段の幅が広く、メーカーも多岐に渡るので悩[…]

最新情報をチェックしよう!