【四万温泉】ノスタルジックな雰囲気楽しめる温泉宿、柏屋旅館。【貸し切り風呂あり】

みなさん、こんにちはゆずです。

今回は四万温泉にある温泉宿の紹介。以前は重要文化財である『積善館』に宿泊し、昔ならではの建物を味わえ素晴らしいものでした。

ただこういっては何ですが、四万温泉の中心地である『やまぐち地区』は少し鄙(ひな)びた感じがあり、宿も良い雰囲気ではあるのですが、次回はタイプの違う宿にも泊まってみようと思いました。

ゆずは男性ですが、今回は少し女性受けしそうなおしゃれな感じの温泉宿を開拓です。

前回の積善館宿泊のときや、水晶山下山後にも寄った『柏屋カフェ』。実はここを経営している方がやっている宿の情報を入手して、そこに宿泊することにしました。

宿泊した宿の名前は『四万温泉 柏屋旅館』。内観もおしゃれで、部屋食、貸切露天風呂などが特徴的な宿です!

四万温泉について

四万温泉は、群馬県 吾妻郡 中之条町(ぐんまけん あがつまぐん なかのじょうまち)にある温泉地です。硫酸塩泉の原泉をもち、1954年に酸ヶ湯温泉、日光湯元温泉とともに国民保養温泉地第一号に指定された温泉です。

四万温泉街は『日向見』『ゆずり葉』『新湯』『山口』『温泉口』の5つの地区に分かれています。『やまぐち地区』にある群馬県の指定重要文化財に選ばれている積善館は、千と千尋の神隠しのモデルになったようで人気もあります。

今回の宿泊地があるのは『温泉口』。中心街のやまぐちよりも離れています。

四万温泉へのアクセス

詳しくは下記の記事を参照。直接、東京からバス一本で行ける『四万温泉号』がオススメ!

関連記事

皆さんこんにちは、ゆずです。 伊香保温泉、草津温泉など、群馬の北西方面は有名な温泉街が並びますが、今回ご紹介するのは『四万温泉(しまおんせん)』。 私が行きたかった温泉の1つです(毎回そんなことを言っている気がする)。 前回ご紹介した万座温[…]

基本  
東京八重洲口 9:00 → 四万温泉 12:30 四万温泉13:45 → 東京八重洲口 17:30
冬増便(上記に追加して)  
東京八重洲口 10:40 → 四万温泉 14:25 四万温泉10:45 → 東京八重洲口 14:45

柏屋旅館の金額

四万温泉 直行バスプラン

四万温泉 直行バスプラン

 

・四万温泉号  往復料金

・柏屋旅館 一泊二食

18100円

往復交通費、宿泊費が込みこみの『四万温泉 直行バスプラン』。それぞれ別で予約するより、安いです。電話での予約になりますが。

今回の撮影機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 紹介記事ははこちら
レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 紹介記事はこちら

今回もいつもの相棒たちです。宿の写真はほとんど『E-M1+12-40mm F2.8 PRO』での撮影です。

宿の紹介

四万温泉到着から宿まで(徒歩の場合)

四万温泉号の終点、四万グランドホテル前で停車

 

四万グランドホテル前から、歩いて『温泉口』に向かいます。徒歩20分と結構遠いです。

 

橋を渡って南下します。

 

このような店舗が並ぶ道路を南側に進みます。
ちなみにゆずは水晶山から下山して、徒歩で向かっています。
関連記事

みなさん、こんにちはゆずです。 今回は群馬県にある『四万温泉』に行ってきた話。相変わらずマニアックかと思いますが、山に絡めていきます! 四万温泉に行ったけど、せっかくなら山に登りたい!四万温泉に行ったときに、手ごろに登れる山は無いのものか、[…]

途中に塩之湯 飲泉所があります

 

同じグループの柏屋カフェがすぐそばにあります。

 

ケーキと紅茶のセットでブレイクタイム。

 

ティータイムを楽しんで、さらに歩きます。途中渡る四万川は美しい青色。通称『四万ブルー』

 

途中、猿の大群に囲まれ

 

猫にも囲まれる

 

そんなこんなで動物に囲まれつつ、歩いていくと温泉口に到着。

 

温泉口まで歩いて来れば、もう宿はすぐ目の前。
高速バスのバス停から直接宿に行く場合は、この温泉口で降りると一番近いです。

 

見えてきました。柏屋旅館到着です。

外観

和のテイストある入口です

 

柏屋旅館入口

内観

 

柏屋旅館さん、こんちわー

 

ロビーには椅子もありゆっくり出来る

 

別アングル

 

二階建ての館内
 一階:食事処(朝食)、内湯、談話室、ロビー
 二階:客室、貸し切り露天風呂

 

一階の内湯にいく廊下

 

おっしゃれ~

 

内湯に行く途中にある『談話室』

 

21時までですが、無料でコーヒーもいただけます

 

奥には本もあります

 

食事処行く途中には、小さなお土産売り場もあります

 

さて二階の客室へ!
※宿は階段での移動となります

 

二階廊下

部屋

館内にはWi-Fiも飛んでいます

今回の部屋は『虹』

 

和室と奥に広縁がある一般的な部屋

お風呂

・男性内湯【光の湯】、女性内湯【山百合の湯】

 入浴時間『15:00~翌11:00』

・貸し切り露天【月の湯】【桜の湯】【楓の湯】

 入浴時間『15:00~25:00』『翌朝5:00~11:00』

・2源泉の混合泉【源泉 長静館の湯 + 源泉 つばたやの湯-1】

  • 温度:48.2℃
  • pH 7.5(中性~弱アルカリ性)
  • 湧出量:毎分30L
  • ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉。
  • 低張性高温泉(水分が体に浸透しやすい熱い温泉)

源泉かけ流しは客室露天を除き、貸し切り露天の【月の湯】のみ

内湯

男性大浴場【光の湯】

貸し切り露天【月の湯】【桜の湯】【楓の湯】

貸し切り露天は中から鍵がかけれます。
鍵をかけた場合はランプが灯ります。この場合は桜の湯に人が入っているということ。

 

貸し切り露天【楓の湯】
次は【桜の湯】【月の湯】。一度階段を上ります

 

左が【月の湯】、右が【桜の湯】

どれも素晴らしい温泉でしたが、やはり源泉かけ流しの【月の湯】が一番でした。源泉が熱めで絞って注がれていますが、12月だったので少し熱めという感じで入れました。

浴槽に入ったときに、一度に溢れ出る温泉はやはり最高です!

夕食

部屋出し 18時から

今回の夕食。少し変わったものもあり、楽しく食べられました!
まずは食前酒【梅酒】を一杯!

 

献立もしっかりとあります。忘れちゃうから、やっぱりあると便利。

朝食

朝食は一階食事処。8:00・8:30・9:00の時間で選びます。

チケットを持って食事処へ
実は朝ごはんのかわりに『柏屋カフェ』でブランチにすることも出来ます

 

一階にある食事処。椅子とテーブルでいただきます

 

こうゆう雰囲気好きです

 

朝食も器が凝ってて、華やか

さいごに

今回は12月にいった四万温泉 柏屋旅館について紹介しました。その場で観光して泊まるのもいいですが、やはり登山後の温泉宿は最高です。

前回泊まった積善館とは全然タイプの違う宿でしたが、食事と宿の雰囲気、貸し切り露天【月の湯】が中でも気に入りました。月の湯以外にも、貸し切り風呂が合計三個あるのは利点。

貸し切り風呂、食事部屋出し、少しおしゃれな宿に泊まってみたい方にオススメできる宿です!ぜひ四万温泉に行かれた際の候補の1つにいかがでしょうか!

最新情報をチェックしよう!