みさきまぐろきっぷを使ってお得に山に行く方法(写真あり)

皆さんこんにちは、ゆずです。

よく登山は道具さえ準備すれば、それ以降はあまりお金はかからないといわれることがあります。 しかし山にハマると、山に行くまでの交通費や食費、下山後の温泉などとお金がかかることが多いです。

少しでも交通費を抑えたい、美味しいご飯を食べに行きたいけど結構お金かかって…など妥協してしまうこと、ありませんか?

今回は交通費を抑えつつ、かつ美味しいマグロや温泉に入れる魅力的な方法を紹介していきます。

みさきまぐろきっぷの概要

みさきまぐろきっぷは『京急電鉄』が提供するお得な切符です。

 
昔の私
まあ三崎に行くバスと電車を安くするだけでしょ?

鉄道往復切符

バスフリー乗車券

お店で用意されているまぐろ料理の引換券

水族館や温泉、お土産などに交換できる引換券

交通費だけかなと思っていた、昔の私の考えを超えて、様々なものが用意されており、ボリューム満点です!

京浜急行電鉄

みさきまぐろきっぷのご紹介。京浜急行電鉄のオフィシャルサイトでは運行状況やご利用案内の他、周辺地域の観光情報を掲載してい…

料金

駅名 大人(円) 子供(円)
品川から 3500 2520
京急川崎から 3500 2520
横浜から 3400

2470

※2019年1月16日の金額

主要な駅の料金をピックアップしました。意外と値段の差が開かないのが印象的ですね。

2017年、2018年と使用したのですが、範囲が広がった代わりに2018年の時に値上がりしていました。そのため2017年以前に使用した人は値段が変わっているので、ご注意ください。

購入方法

京急線各駅(泉岳寺、三崎口駅除く)にある自動券売機で購入できます。

『お得なきっぷ』⇒『みさきまぐろきっぷ』を選択をします。

購入自体は当日でなくても可能。何日前から出来るか、忘れてしまいました。私は1、2日前で購入したことがあります。その時は日付を指定して購入します。

利用時期

平日・日祝日などの指定がないのが、みさきまぐろきっぷの良いところです。ただ注意点としては下記の2つです。

指定した当日限り有効

3月の三浦国際マラソンでは使用できない

当日限りはそこまでのデメリットはないですが、泊まりの旅行には向かないということにご注意下さい。

もう1点の三浦国際マラソンでも使えないという点ですが、むしろこの日だけなのか!と感心してしまいます。

2019年の開催日;3月3日

利用方法

自分もはじめて使うときに、迷ったり調べたりしたので書きますね!

①鉄道切符に関して

このように鉄道切符は往復ともに途中下車可能ですが、一方通行です。

しかし考え方によっては寄り道して目的に行く、帰宅することも可能です。

②バスに関して

バスは決められた区間であれば乗り放題です。ご自由にお使いください!

③まぐろ引換券に関して

お店でまぐろきっぷ券を渡すと、お店ごとに用意されている料理が提供されます。

廻転寿司 海鮮

 

いろは 寿し

④その他の特典(温泉、お土産、観光船など)に関して

ここの項目は紹介しきれない点が多く、特典が自由に1つだけ選べます。私が利用したことがあるのが『城ケ崎 雲母の湯』『うらりマルシェ さかな館』をそれぞれ利用しました!

京浜急行電鉄

みさきまぐろきっぷ、三浦・三崎おもひで券のご紹介。京浜急行電鉄のオフィシャルサイトでは運行状況やご利用案内の他、周辺地域…

みさきまぐろきっぷを使用した例

ではここから実際に『みさきまぐろきっぷ』を使用した山旅をご紹介します。

ただ先に言っておきます…山は一緒です(笑)

 
2017年の私
みさきまぐろ切符すごいじゃん!マグロ食おう!
 
2018年の私
マグロ食べたい!ん~、組み合わせる山が…。

プラスアルファの所で勘弁してください!

三浦富士~武山縦走+関東ふれあいの道

少々ややこしいですが一方通行であればいいので、途中に徒歩で隣駅まで歩いても大丈夫なのです。

三浦富士~大砲山~武山は3時間以内で登れる山です。

ちなみに私が行ったのは1月31日、2月20日です。私的には夏は暑く冬は雪の心配が少なく、空気が澄んでいて富士山の展望や海が抜群に見えてオススメです!

三浦富士からは海も富士山も見える
歩きやすい道
大砲の跡地。歴史にも触れる
武山からの展望もよい

1度マグロを美味しくいただき、神奈川県の関東ふれあいの道1で三浦大根や岩礁帯歩きを楽しみました。最後は三崎港でお土産を購入して三崎口駅へ!

関東ふれあいの道
たくさんの三浦大根
岩礁帯を歩く
有名なスポット『盗人狩り』

三浦富士~武山縦走+城ケ島探索

山は同じですが、やや時期が2月中旬だったためか『河津桜』が咲いておりました。一足早い桜を見れて満足です。

三浦海岸駅前の河津桜
河津桜のズーム

こちらは『城ヶ島』に向かって温泉にゆっくりと浸かり、城ヶ島の磯場を探検した旅となりました。

城ヶ島の岩礁帯
岩礁帯と外洋

まとめ

交通費、まぐろ食券、温泉やお土産が3500円程度で買える

購入は自動券売機で行える

当日のみ有効

毎年3月の三浦国際マラソンのみ使用できない

鉄道は一方通行。途中下車可能

バスは乗り降り放題

三浦富士~武山は初心者にオススメ。ただ天気はしっかりと確認!

2月~3月は河津桜もみれる

終わりに

 今回は『みうらまぐろきっぷ』を使用して、お腹も景色も満足する山旅を紹介させていただきました。

正直、山と組み合わせるのは難しいところですが、色々と今後も開拓していきたいと思います。

ただ海岸線を歩いたり、三浦で育った畑やその土地の方々と触れる楽しみは、山だけでは味わえない素晴らしいものです。

普段の旅に『ちょっとした贅沢』を追加してみてはいかがでしょうか。

まずは山だけマグロだけでも味わってみると、良いかもしれませんね!

他の節約関係の記事もご参考に!

関連記事

みなさん、こんにちは、ゆずです。 楽しい登山に行くためにはどうしても、交通費がかかってしまいます。電車の往復で4000-5000円なんてことは結構あり、遠くに行けば行くほど増えていきます。今回は登山にいく交通費を抑える方法をご紹介する、そん[…]

関連記事

皆さんこんにちは、ゆずです。 よく登山は道具さえ準備すれば、それ以降はあまりお金はかからないといわれることがあります。 しかし山にハマると、新しい道具が欲しくなったり、遠くの山に行きたくなります。 普段から公共交通機関を[…]

関連記事

皆さんこんにちは、ゆずです。 登山にでも旅行でも、宿泊費や食費がかかります。中でも交通費と宿泊費は費用の大半を占めてしまうものです。 フリーパスやお得なキップがあるところは、利用することで交通費を抑えられますが、無い場所はそうはいきませ[…]

関連記事

皆さん、こんにちはゆずです。 登山にハマってくると、遠くの山に行きたくなる事が多くなるはず。ただ遠くとなると、その地域に行くまでの交通費がかさみます。 在来線特急、新幹線だけではなく飛行機を使うこともあるでしょう。 今回はJR東日本が運営し[…]

関連記事

皆さんこんにちは、ゆずです。 よく登山は道具さえ準備すれば、それ以降はあまりお金はかからないといわれることがあります。 しかし山にハマると、新しい道具が欲しくなったり、遠くの山に行きたくなります。 東京から奥多摩で電車料[…]

最新情報をチェックしよう!