2021年春からJREポイントで特急・新幹線に乗れるように!登山と相性良い予感。

  • 2020年11月30日
  • 2021年4月24日
  • 節約
  • 2345view

皆さんこんにちは、ゆずです。

いきなりですが、ゆずはJR東日本を普段から利用することが多く『JREポイント』というJR東日本が扱っているポイントが貯まっています。

雲取山に登るとき東京から奥多摩の在来線、八ヶ岳に登るとき東京から茅野の特急あずさ、岩手山に登るとき東京から盛岡までの東北新幹線、といったように特に登山の時はかなりの頻度で利用させてもらっています。

その貯まったポイントの新しい使い道が2021年の春以降に増える!とのことで、期待も込めてこの記事を書いていこうと思います。

まだ詳細な項目は決定していませんが、新幹線や特急がJREポイントと引き換え出来る!というものでより身近になると良いな、と思います。

  • 2021年春以降にJREポイントで『新幹線の座席をアップグレード』『新幹線、在来線特急に乗車できるチケット』と交換できる様になる
  • 交換にかかるポイントなど詳しい詳細は2020年11月30日では無い
  • 交換率が良いと登山でも利用しやすくなり、短距離での使用も行いやすくなるので期待
  • トクだ値に改悪が入らないか心配

JREポイントをためるには

カードが汚くてすみません…

改めてになりますが、JRE ポイントを貯める方法は

  1. JRE ポイントが貯まるクレジットカードで決済をする(JREカード、ビュー・スイカカードなど)
  2. JR東日本管轄の電車にsuicaで乗る
  3. 在来線特急、新幹線を利用するためにえきねっとを利用する

普段の買い物、通勤や電車移動でポイントが貯まる仕組みとなっております。

細かい内容は以前ご紹介した『公共交通機関を利用する人にオススメ!オートチャージでコツコツ節約』『お先にトクだ値で最大35%安くなる!新幹線、特急を使って安く登山に行く方法』の記事で交通系の電子マネーのSuica、チケットを予約するえきねっと の利用を確認してください。

JREポイントの使いみち【2020年11月30日現在】

この記事を書いてる段階で JRE ポイントの使い道は以下のよう

  1. グッズ、クーポンと引き換える
  2. JRE モールで使う(ネットショッピングサイト)
  3. Suica にチャージをして電子マネーとして使う
  4. Suica グリーン券に引き換える

電子マネーとして使う方法とグッズ、クーポンとの引き換え自体は以前からあったものですが、2018年3月17日よりSuica グリーン券に引き換えることができるようになりました。東海道線、宇都宮線などの一部電車にある、二階建てのグリーン車に乗れる券です。

平日51kmを超える場合1000円かかるところ、600ポイントで交換できるのでかなりの交換率です。詳しくは以前ご紹介した『快適な電車移動には普通列車グリーン車がオススメ!登山で利用した例も紹介!』をご覧ください。

2021年春の予定と期待

新幹線や在来線特急券を予約するサイト『えきねっと』ですが、今はえきねっとポイントを JRE ポイントに交換する手間があります。それが2021年春から JRE ポイントに統合されます。

その統合に合わせてえきねっとで JRE ポイントを使って『新幹線の座席をアップグレード』『新幹線、在来線特急列車に乗車できる特典チケットと交換』というサービスが導入される予定です。ホームページの様子だと、この特典チケットはチケットレス商品となりそうです。

※公式ホームページより引用

ゆずが一番期待したいのは新幹線、在来線特急列車に乗車できる特典チケットと交換できる点です。

航空会社のマイルのように、新幹線や特急にポイントで乗れるとお得感が増してきます。普段から登山で貯まっていくポイントをSuicaで支払うのも十分ではありますが、おそらく交換した方が還元率が良いと思います!

新幹線がポイントで交換して乗れるようになれば、東北や上越の山々に新幹線に乗って行ける機会が増えてくると考えます。

どのような特典チケットになるか、妄想する

詳細が更新されました!!

関連記事

皆さんこんにちは、ゆずです。 以前、JR東日本が運用するJREポイントが登山と相性が良いのではないかと考えたことがあります。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://yamaryoko.com/jre-poi[…]

在来線特急の指定席をポイントで交換できる?

  • 中央線特急 あずさ・かいじ
  • 常磐線特急 ひたち・ときわ
  • 東海道線特急 踊子・湘南(2021年春からチケットレス化)

最近のJR東日本は指定席のみを予約するチケットレス化が進んでいます。なのでこのチケットレスの指定席をポイントで交換できるようにするのでは、と考えます。

土日に使えるフリーパスの休日おでかけパスで大月、小田原までの交通費は抑えつつ、指定席はJREポイントで交換、ということも出来るようになれば嬉しいですね。箱根や大月方面の山の帰りに早く帰ることが可能です。

新幹線は特急券だけも交換できないか?

JREポイントと交換できるのはおそらく運賃+特急券の料金かなと予想します。ただ用途は少ないと思いますが、指定席特急券、自由席特急券のみをポイントで交換できるようになると便利ですね。

これも休日おでかけパスやJR東日本の広範囲の運賃を乗れるフリーパスの週末パスを上手く使えば、新幹線の特急券だけ別途ポイントで利用できるメリットが出てきます。

短距離だけ新幹線っていう使い方も、臨機応変に使える様になると思うんですけどねー。例えば大宮~小山は自由席特急券だと1000円で乗れて、在来線と比べて30分短縮出来るんです。

トクだ値の改悪にならないか?

現在、トクだ値という10-35%、条件によっては50%も在来線特急やJR東日本の新幹線が割引されるえきねっとのサービスがあります。先ほど紹介した『お先にトクだ値で最大35%安くなる!新幹線、特急を使って安く登山に行く方法』の記事にも書いています。

一応、えきねっとポイントとJREポイントの統合というイベント後に特典チケットに交換できる様になる予定なので、その時にトクだ値が改悪されないことを祈ります。

さいごに

今回は2021年春以降にJRE ポイントで『新幹線の座席をアップグレード』『新幹線、在来線特急列車に乗車できる特典チケットと交換』というサービスが導入される予定について、記事を書きました。

この記事を書いている2020年11月30日では細かい詳細は決まっていないので、何とも言えないことはありますが、新しいサービスが始まることは楽しみです。ただどんどん変わっていくと、ついて行けなくなる部分もあります…。

少々マニアックな内容になってしまいましたが、出来る限り交通費を抑えて登山に行ける回数を増やしていければと思います。また詳細が確定すれば、更新していこうと思います。

ではみなさん、良い山旅を!

最新情報をチェックしよう!