【西伊豆】昭和時代の生活道路、三浦(さんぽ)歩道

皆さんこんにちは、ゆずです。

2019年3月に3日間かけて、西伊豆を歩いてきました。

2日目に雲見温泉から松崎方面に歩いている時に、使用した道『三浦歩道』。温泉地を結び、アップダウンの変化に富んだ道です。

山登りとは違い、ピークを踏んだら終わりではなく、次の街に行くために峠を越える感じで歩けました。今回はそんな『三浦歩道』をご紹介します。

伊豆半島ジオパーク

伊豆半島全体は認定なのか、ジオパークに選ばれており、本州でフィリピン海プレート上にあり、地層的にも大変珍しいようです。

ジオパークは世界遺産などと同様に、ユネスコが推し進めているプログラムです。
地質学的にみて国際的な価値のあるサイトが、「保護」、「教育」、「持続可能な開発」が一体となった概念により管理されたエリアがジオパークです。

              伊豆半島ジオパーク 公式サイトより引用

伊豆半島ジオパーク

2012年に日本ジオパーク認定された、貴重な景観を持つ「南から来た火山の贈りもの」伊豆半島ジオパークが様々な情報を発信し…

三浦歩道とは

はじめは『みうら』と読んでしまいましたが、『さんぽ』と読むようです。

三浦とは松崎温泉郷のうち、岩地、石部、雲見の総称です。岩地~石部~雲見を結ぶこの小道は、バスが通るまで地域住民にとっては生活道路だったようです。

地元には必要であった道も、歩道として整備されて、トレッキングコースになったようです。このような歴史がある道は面白くていいですね。

アクセス(公共交通機関使用)・行程

日時:2018年3月26日(日帰り)

コースタイム:2時間ぐらい(実際にかかった時間は2時間ほど)。

私のペースは大体、写真撮って休憩入れて、コースタイムのちょうど~少し遅いぐらいです。

メンバー構成:2人パーティー

雲見温泉から山を越えて石部温泉へ、再度山を越えて岩地温泉にいく。下界と自然の行ったり来たり、水が飲みたければ自販機で買うなど、自由に歩けます。

また今回は山と高原地図を使用して、雲見温泉から直接三浦歩道に入る道が載っていなかったので、見逃してしまいました

なので、最初の一部歩けていないのが悔やまれます。

金額(仮にこの山のみ日帰りで行くとして)

料金(東京起点)

東京 → 伊豆急下田駅 3890円
伊豆急下田 → 雲見温泉バス停 1520円
一里塚バス停 → 伊豆急下田 1690円
伊豆急下田駅 → 東京 3890円
合計 10990円

※しかし下田と雲見温泉を結んでいるバスが、一日一本しかありません!しかし松崎を雲見を結んでいるバスがあり、松崎から雲見経由しないで別の路線で下田には帰れそうです。

しかしながら時間などを考慮した結果、今回も公共交通機関で日帰りは厳しいと思われます。自家用車か、宿泊を絡める必要があります。

今回の撮影機材

カメラ OLYMPUS OM-D EM-1
レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

山行記録

※注意

この山行記録は参考にする程度にとどめて、必ず登山地図を持参してください!

トイレは登山口、石部海岸にあります。少し離れていますが、下山先の岩地海岸の外れにもあるようです。山中にはトイレはありませんが、途中途中にトイレがあるのでいいですね。行けるときに行っておく、これ鉄則です。

スタートの雲見温泉、雲見橋です。橋の右側の建物裏から、三浦歩道の真の入口があるようです。今回はこのまま車道を直進してしまいました。
しかし直進したことにより、雲見海岸が綺麗に見えます。圧巻の烏帽子山にも、お別れの挨拶をして出かけることにします。
車道をあるくと露天風呂の文字が。ここは主に夏の期間に露天風呂が入れるようになる様子。今回は残念ながら入ることは出来ませんでしたが、このように用意されているのは面白そうですね。
歩くとすぐに石切り場が現れますが、その横に再び入山口が現れます。
標識と案内図がコンスタントにあり、この三浦歩道がよく整備されているのがわかります。今回は赤井浜バス停近くの所からスタートすることになりました。
なんだかんだで3月。都内ではまだソメイヨシノの満開制限も出ていないですが、アヤメ?やタンポポがキレイに咲いています。やはり花が咲いていると、春を感じられますね。
車道から急登を登り、少し開けた場所に出ます。ここから1つ目の展望台に行くことが出来ます。左に曲がります。
このような柵を横目にどんどん先端に歩いていきます。
ビューポイント①、三競展望台です。まさかの東屋に立派な木の展望台。なんでしょう…いい意味で裏切られました。ピクニックでもいいところですね。
展望台は二階建て。下にも行けますし、ベンチもしっかりとあります。ん~、お金かかってますが、それだけ愛されているところなんでしょう。
抜群の展望です。前の山を越えるように、右奥の集落にぬけていきます。
ヤマザクラがとても綺麗に咲いています。ソメイヨシノのような、迫力は少ないかもしれませんが、花と葉が一緒になっているところは良いですよね。
三競展望台をあとにして、もう一つの展望台である黒崎展望台に向かいます。概ねトラバースして、展望台前に登ります。
すぐに黒崎展望台に到着。三競展望台ほどの建造物はありませんが、ここも展望良いですね。先ほどは雲見側、こちらは松崎側が見えます。
展望台からはひたすら下り。15分ほど下れば石部温泉の町の中に出ます。
このように町中にも案内図は多くあります。
桜が咲くのどかな道を抜けて、石部温泉に到着。石部の棚田なる観光地が書いていますが、今回は省略。
目の前には綺麗な石部海岸がひろがります。ここにも露天風呂がある様子、ただ期間外でしたので入れず。ここにトイレがあります。
海岸にいる猫と戯れます。歩いて疲労した体を、癒してもらいます。
猫と数分戯れて、次の街に急ぎます。海岸から車道を渡りなおして、岩地海岸に抜ける立派な階段を見つけます。いざ!
こちらはアップダウンは少なめで、今回の旅では珍しい杉に出会います。薄暗くも、日差しが神秘的な樹林帯を抜けます。この道は展望少な目。
ホテルのようなところの裏から一度車道にでます。車道は下らずに直進です。
車道を歩いていくと岩地海岸に降りる山道があります。ここからはずっと下りです、
15分ほど下り、展望が優れる場所に出ます。岩地海岸を一望できる個人的に好きなビューポイント!
開けたところから最後は石段を下って、一度車道に出ます。海岸に出る道が続いていますので、ここを降りれば終着点。
民宿街を抜けると、お疲れ様です!三浦歩道起終点に到着。
終点にふさわしい綺麗な岩地海岸です。雲見、石部、岩地と民宿が多いエリアでした。もちろんこちらを始点として歩いても、いいですね!

さいごに

今回は伊豆の三浦歩道を紹介しました。温泉地から温泉地を結ぶ道は、展望の良い素敵な道でした。アップダウンは大変ではありますが、いったん下界に降りてくるのも新鮮で、2時間以上のボリュームがあったような気がします。

ちょうど三浦どこかの宿に泊まって時間ができたとき、登ってみてはどうでしょうか?

便数は少ないですが、バスが通っている道に平行しているので、車を止めて戻るような工程もいいかもしれませんね!

関連記事

皆さんこんにちは、ゆずです。 2019年3月に3日間かけて、西伊豆を歩いてきました。 今回は前回同様に2日目の出来事。三浦歩道を終えて松崎に向かっており、その途中にある歩道『岩地歩道』に寄りました。 ここは周回コースになっており、峠を越えて[…]

関連記事

皆さんこんにちは、ゆずです。 2019年3月に3日間かけて、西伊豆を歩いてきました。 今回は一日目の宿泊地である西伊豆の雲見に向かっている時に寄った山。そこまで山に登るつもりもなかったのですが、何となく登った山がよかったです。 雲見の[…]

関連記事

皆さんこんにちは、ゆずです。 2019年3月に3日間かけて、西伊豆を歩いてきました。山登りだけではなく、街道歩きなども面白く感じているゆずですが、何となくの西伊豆です。 西伊豆の旅をご紹介するのは、あとになってしまいますが、道中で期待し[…]

最新情報をチェックしよう!