【西伊豆】1時間の手ごろな散歩道、岩地歩道

皆さんこんにちは、ゆずです。

2019年3月に3日間かけて、西伊豆を歩いてきました。

今回は前回同様に2日目の出来事。三浦歩道を終えて松崎に向かっており、その途中にある歩道『岩地歩道』に寄りました。

ここは周回コースになっており、峠を越えていくことはないです。今回はそんな短時間ながらボリュームのある岩地歩道をご紹介します。

伊豆半島ジオパーク

ここでも伊豆半島のジオパークのことを簡単にご紹介。ほかの伊豆の記事で見ている方は割愛してください。

伊豆半島全体は認定なのか、ジオパークに選ばれており、本州でフィリピン海プレート上にあり、地層的にも大変珍しいようです。

ジオパークは世界遺産などと同様に、ユネスコが推し進めているプログラムです。
地質学的にみて国際的な価値のあるサイトが、「保護」、「教育」、「持続可能な開発」が一体となった概念により管理されたエリアがジオパークです。

              伊豆半島ジオパーク 公式サイトより引用

伊豆半島ジオパーク

2012年に日本ジオパーク認定された、貴重な景観を持つ「南から来た火山の贈りもの」伊豆半島ジオパークが様々な情報を発信し…

岩地歩道とは

岩地歩道は、静岡県 賀茂郡 松崎町 岩地の萩谷崎にある周回できる歩道です。堂ヶ島と天気が良ければ、富士山の眺望が望めるそうです。

あまり花の情報はありませんでしたが、海岸線まで下れて、一部満潮など潮の関係で通れなくなる場所もあるので、注意が必要です。

アクセス(公共交通機関使用)・行程

日時:2018年3月27日(日帰り)

コースタイム:1時間ぐらい(実際にかかった時間は40分ほど)。

私のペースは大体、写真撮って休憩入れて、コースタイムのちょうど~少し遅いぐらいです。この日は、三浦歩道、岩地歩道を歩いて松崎、堂ヶ島と歩く予定だったので、ややペースは早めです。

メンバー構成:2人パーティー

三浦歩道を終えたゆずは、そのまま国道136号線を松崎に向けて歩き、萩谷バス停がある広場から、この岩地歩道を周回しました。

金額(仮にこの山のみ日帰りで行くとして)

料金(東京起点)

東京 → 伊豆急下田駅 3890円
伊豆急下田 → 萩谷バス停 1690円
萩谷バス停 → 伊豆急下田 1690円
伊豆急下田駅 → 東京 3890円
合計 11160円

下田から乗り換えなしで萩谷バス停を結んでいるバスが、一日一本しかありません!ただ松崎を雲見を結んでいるバスがあり、それに乗って松崎から雲見経由しないで別の路線で下田には帰れそうです。

しかしながら時間などを考慮した結果、今回も公共交通機関で日帰りは厳しいと思われます。自家用車か、宿泊を絡める必要があります。

今回の撮影機材

カメラ OLYMPUS OM-D EM-1
レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

山行記録

※注意

この山行記録は参考にする程度にとどめて、必ず登山地図を持参してください!

トイレはありません。事前に済ませておく必要があります。1時間しない工程なので、そこまで注意する必要はないかも知れません。

今回は西伊豆の岩地歩道を紹介しました。1時間で行ける場所で、海岸線の展望も優れるいい場所です。

ただ駐車スペースもあり周回コースなので、車の回収なども考えるとちょっとした散歩にいいかもしれません。

もしこの付近を歩く予定の方、候補の1つにしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

皆さんこんにちは、ゆずです。 2019年3月に3日間かけて、西伊豆を歩いてきました。 2日目に雲見温泉から松崎方面に歩いている時に、使用した道『三浦歩道』。温泉地を結び、アップダウンの変化に富んだ道です。 山登りとは違い、ピークを踏ん[…]

関連記事

皆さんこんにちは、ゆずです。 2019年3月に3日間かけて、西伊豆を歩いてきました。 今回は一日目の宿泊地である西伊豆の雲見に向かっている時に寄った山。そこまで山に登るつもりもなかったのですが、何となく登った山がよかったです。 雲見の[…]

関連記事

皆さんこんにちは、ゆずです。 2019年3月に3日間かけて、西伊豆を歩いてきました。山登りだけではなく、街道歩きなども面白く感じているゆずですが、何となくの西伊豆です。 西伊豆の旅をご紹介するのは、あとになってしまいますが、道中で期待し[…]

最新情報をチェックしよう!