ウルトラランチ The POD: スクリューロックのコジーは使い勝手の良い軽量コジーです

みなさん、こんにちはゆずです。

今回は山で使うお皿のお話。テント泊でも日帰りでも山の中でご飯を食べる場合お皿を使ったりすることがあります。 特にカップラーメンのリフィルならなおのこと必要です。

そんな中 YouTube で紹介していた商品『ウルトラランチ The POD:スクリューロックのコジー』。一般的に売られているジップロックのスクリュータイプの物に合わせて使うための、保温性のあるコジーです。

お皿としても使いやすく、スクリュータイプなのでゴミを入れても漏れにくく、低山の小腹が空いたとき用にカップラーメンを食べるときなど地味に使いやすいです!コジー単体でもチタンマグカップなどと合わせて、ティータイムのお供に相性抜群!

  • ウルトラランチのコジーはウェットスーツの余りを使用したもの
  • ジップロックのスクリューロック473mlと組み合わせて使用する
  • 組み合わせるスクリューロック473mlは2個250円ほどと安く、手に入れやすい
  • スクリューロックが41g、コジーが22gと軽量
  • 使う用途はスクリューロック+コジーの組み合わせで『クッカーを汚さない取り皿』『日帰り登山のカップラーメン、味噌汁、フリーズドライの器』『マグカップなどの保温コジー』『変わった使い方で電子機器の保護や保温材』と様々
  • 余り素材を使っているので、コジーの裏側の柄や色は選択出来ない。それを1つの味として楽しむのも良い。

ウルトラランチのコジーについて

コジーとは保温バッグのことで、アルファ米の袋を入れるものやクッカーに被せるものなど様々です。保温するための材料もメーカーによって異なります。

アルミ遮熱材を使ったものが有名ですが、今回購入したコジーはウェットスーツに使われているネオプレン素材を使用しています。伸縮性に優れてフィット感は抜群です。

税込み1760円(2022.8.25現在)

The POD: スクリューロックのコジー

本商品は国産ウェットスーツ端材を活用して製造しますため、毎年の製造数に上限がございます。 次回の出荷は「2月中旬」を予定…

合わせるのはジップロックのスクリューロック

上記のコジーとの組み合わせに使用するものとしてメーカーが推奨しているのは『ジップロックのスクリューロック473ml』です。蓋をねじって止めることが出来るお椀タイプのジップロックです。

スクリューロックの利点は

  1. 安い(2個入りで250~300円)
  2. スクリューロックなので液漏れや臭い漏れがしにくく、ゴミ箱としても使いやすい
  3. どこでも手に入る

辺りになります。安くてどこにでも手に入るので、導入がしやすいことが何より良い。仮に紛失したダメージも少ないと思いますし、替えもすぐに購入できます。使った容器にゴミを入れて、ゴミ箱として持って帰れる部分も使いやすい所ですね。

外観・仕様

スクリューロックに取り付けたコジーです。『ウルトラランチ』『ビバークレーション』のロゴが可愛らしくてgood!! 味気ないスクリューロックが少しだけおしゃれになるのが良いですね。

こちらが取り外した状態。ジャストフィットしているのが分かると思います。

重量は合計63g。

100㎖ほどの容量違いはありますが、エバニューのTi 570FD Cup + 570Cupフタの組み合わせはチタン製で約77g。直接火にかけられるメリットが非常に大きいですが、単体で見たら保温性のあるコジーも付いているウルトラランチのThe PODの方が軽量です。

これも非常に使いやすい商品ですけどね!

使い勝手

よく使った組み合わせとして、お椀サイズのカップラーメンリフィルを休憩中に食べるときに使いました。お好きな組み合わせのリフィルを入れて、コンパクトになるカトラリーを入れてスクリューロックで閉じてしまえば完成です。持参したおにぎりなどと組み合わせでスープ感覚で食べるのもオススメです!

食べ終わった器をゴミ箱として使えるため、非常にこれ単体でおさまりが良いですね。

お椀サイズを今回は利用していますが、普通サイズのカップラーメンリフィルでも全然入ります。

保温ボトルにお湯を入れて持って来れば、すぐに食べれるカップラーメンの出来上がり。コジーのおかげで持っても熱くないし、保温も保たれるので特に寒い時期には最後まで冷めにくい状態で食べられます。

ちなみにウェットスーツの余りを使っているためか、裏地の色は様々。2個購入しましたが、紺色とクリーム色と全く違う色合いの商品が届きました。

色が選べないので、もしかすると合わない・好きではない色にあたる可能性はあります。

テント泊の時の食器としても使いました。底も深いのでどんぶりタイプでも問題なし!地味に蓋が別のクッカーを置くための鍋敷きに使えたりして便利でした。

火を沸かすクッカーは汚さずにお湯を作るだけにしておき、スクリューロックが汚れても大丈夫な取り皿として使うのも良いですね。地味に汚れたクッカーを拭くのがめんどくさいですし、次にお湯を沸かすときに油が浮いていて、ちょっと気分的には落ち込みます。

 
お茶飲みゆず
お茶飲むので、カレー風味とか残っていたら最悪…

お茶やコーヒー、味噌汁などの暖かい物をマグカップで飲むときも、軽量なチタンマグカップを合わせると冷めるのが抑えられます。まったりと休憩するような、長時間暖かい方が良い場合にも最適ですね!

ゆずはカップラーメンで使わないときでも、お茶を1杯飲んだりするのでチタンマグカップ+このコジーの組み合わせは持って行くことがほとんどです。頑丈ではありますが、チタンマグカップの保護にもなりますし重宝しています。

極端ですが、味噌汁を飲むぐらいの小型保温ボトルと組み合わせて、ゆるハイクのお供にも良いですね。

  • クッカーを汚さない取り皿として
  • 日帰り登山のカップラーメン、味噌汁、フリーズドライの器として
  • スクリューロック以外でもマグカップなどの保温コジーとして
  • 変わった使い方で電子機器の保護や保温材として

様々な用途に使えるウルトラランチの『The POD: スクリューロックのコジー』はとても便利だと思います!

さいごに

ウルトラランチの『The POD: スクリューロックのコジー』をご紹介しました。人によってはクッカーだけでいいんじゃないかと思う方もいると思いますが、1つあると意外にも便利。

ゆずはスクリューロックとコジーを組み合わせて使うことがほとんどかと思い購入しましたが、ほとんどチタンマグカップとの組み合わせで使っています。

アルファー米の袋の形に合わせたコジーは他にもありますが、結果的にマグカップにも合うウルトラランチのコジーにして良かったと思います。

自動販売機で買った温かい飲み物に使って、移動中の暖を取るなど、皆さんが使うコジーの使い方是非とも教えてください。

それでは皆さん、良い山旅を!

最新情報をチェックしよう!